カテゴリ:movie( 14 )

2007年 05月 30日
秋まで待てない!!
f0019553_20121862.jpg

     この秋公開  『めがね』


     『かもめ食堂』のスタッフ制作だとさー!

     早く見たぁーいっ!

     もたいさーんっ!
[PR]

by peramax | 2007-05-30 20:35 | movie
2007年 05月 08日
BABEL
f0019553_11575455.jpg
色んな意味で話題の『バベル』



最近のやなニュース、銃殺事件とか幼児虐待とか
聞いたときのやるせないカンジに近い。

ざらついた感触というか。

お手伝いさん役のアメリアがいう

『私達はなにも悪いことはしていない。
 ただ愚かなことをしただけ』

ってセリフがこの映画の全てかも。

ラストの坂本龍一の音楽で涙腺がゆるみましたけどね。
(日本のバベル公式HPで流れてる曲)
[PR]

by peramax | 2007-05-08 12:12 | movie
2007年 04月 04日
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン。
未だにこの本は売れ続けてるらしい。すごいね、リリー。
スペシャルドラマに月9に映画に、次は舞台だそうで・・・。どへー!お腹いっぱい!
ワタシがこの本を読んだのは、去年くらいで、やたら『泣き本』として扱われてるので
読む頃には、ちょっとシラケタ気分(天邪鬼なので)で読み始めてんけど
さすがに手紙のくだりでは、じゅるっっときました。
ドラマはちょっとなー?ってカンジのキャスティングだったので見なかったけど
映画の方は、『!!!!』。
なんたって脚本が松尾スズキ!
ボクがオダギリジョー!
オカンが樹木希林!
オトンが小林薫!
若いオカンが内田也哉子!
これは見ないわけにはいきません!と、思ってたら試写会が当たった!きゃほー!
f0019553_1594579.jpg

この実力派揃いの中で、ひと際よかったのが若い時のオカン役の内田也哉子。
これが初めての映画(というより演技経験が初めて)なのに、全然うわずったカンジ
がなくて、安心して見れた。
でもやっぱり、樹木希林はすごいんよねぇー。
セリフがないシーンですら、ジーンとさせるのよねぇー。

ま、これから封切なのであまり書かないでおこう。
この本が大好きな人には、是非オススメ。
リリーさんがご指名で松尾スズキに脚本をお願いしたとあって、本と映画の温度が
近い気がしました。
あ、思い出したら、泣けてきた。

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」公式HP

↑脇で出てる人が凄すぎる!



SWITCH Vol.25No.4(APR.2007) (25)
/ スイッチパブリッシング
ISBN : 4884181050


で、これ↑も買っちゃいました。
かなり濃い内容。
樹木希林って人、興味アリアリです!
[PR]

by peramax | 2007-04-04 15:25 | movie
2007年 03月 04日
さくらん、とその他DVD。
f0019553_21253126.jpg

『てめぇの人生、てめぇで咲かす』

きゃー、言ってみたいわぁ。(←どこで?)
漫画(安野モヨコ)が好きだったので、楽しみにしておりました。
感想は・・・ほぼ漫画通り!ってカンジで全体にマンガちっくな空気が
漂う映画でしたね。
良くも悪くも若いというか幼稚というか。嫌いではないです。コノテの。
始まったばかりなので、あんまり詳しく言わないでおこうっと。
着物とオナゴと林檎が好きな方には、オススメです。



2月に見た(借りた)DVDがワタシ的に秀逸だったので、ご紹介。

ゆれる
オダギリジョー / / バンダイビジュアル
ISBN : B000KIX658

『ゆ れ る』これ、見てる側も揺さぶられます。
オダギリジョーと香川照之で、面白くないわけないっ!
しかも他の出演者がまたナイス!
ピエール滝に木村祐一、伊武雅刀、蟹江敬三、田口トモロヲ・・・。
個々の演技がどれもすごい、です。
公式HP→ゆ れ る

クラッシュ
サンドラ・ブロック / / 東宝
ISBN : B000EUMM98

『クラッシュ』
これは、『ホテル・ルワンダ』(これもおすすめ)でドン・チードルがよかったので、ちょっと借りてみたけど、めちゃくちゃよかった!人種差別の問題とか胸が痛くなるシーンもあるけど最後には、見てヨカッタと思える映画。イチオシ。
公式HP→クラッシュ

トランスアメリカ
フェリシティ・ハフマン / / 松竹
ISBN : B000FDK9TY
『トランスアメリカ』主人公のブリーは男性であることをやめたい性同一障害者。ブラブラするアレともおさらば!の手術の前日に突然、17年前にできた息子と17年ぶりに再会。ひょんなことから、自分が父親で男性であることも隠して2人の旅が始まって・・・。という話。
ストーリーも充分おもしろいし、ハッピーなんだけど、なんといっても見どころはこの主人公が女優さんであること。ほんとに男(といよりオカマちゃん)みたいやねんもん!TVドラマ『デスパレードな妻たち』のリネットのときとは、違う。さすが!
ちなみに『デスパレードな妻たち』4月から、NHK総合でやるみたい。ワタシはすでにBSでハマってるけど、まだの人には是非。
公式HP→トランスアメリカ

映画ってほんっとにいいもんですねぇっ(水野晴郎風に)
[PR]

by peramax | 2007-03-04 22:39 | movie
2007年 02月 01日
マリーアントワネット
f0019553_13262347.jpg

きぃっー!かわいいっ!
スパイダーマンのときは全然 ”ぶ” やと思ってたけど
マリーのキルスティンダンストは、どれもこれも可愛かった!
映画の内容は・・・
巷では賛否両論のようですが、私的には「スキ」な映画です。
マリーアントワネット自身が 
♪ぱっぱらぱーぱっぱっぱぱーん♪ ↓このイメージ
f0019553_13335616.jpg

とても波乱万丈な人生の人だったので、ドラマッチックな映画をお求めの方には
かなり肩透かしやと思うけど、ソフィアコッポラ監督の得意(?)とする
「女ノコの自分探し」的な乙女心満開!なような、でも生理前のなんだかスッキリしない気分、みたいな(どういう説明やねん)映画がお好きな方にはオススメの内容でした。
前の『ヴァージンスーサイズ』『ロストイントランスレーション』でオンナノコ3部作らしいので、この流れをくんでおります。

f0019553_13481227.jpg

とにかく『ツキイチゴロー』でもゆってたけど音楽もいいし
映像もオトメチック全開なので愛でるだけでもお腹イッパイです。

個人的には、朝まで遊んで友人同士で朝焼けを見るシーンがイチオシです。
そこだけでも、もう一度見たいくらいに。
[PR]

by peramax | 2007-02-01 13:59 | movie
2006年 10月 31日
カポーティ
今月見た映画。
『CAPOTE カポーティ』
あらすじはコチラでどーぞ→公式HP
f0019553_1991585.jpg
話はシリアスなのですが、みどころはこれでアカデミー賞主演男優賞GETのフィリップ・シーモア・ホフマンの「カポーティ」っぷり。
カポーティって自称『アル中でヤク中でゲイで天才』っていってたんだと。
見事にそんな人になりきっておりました。
ネル・ハーパー・リー役のキャサリン・キーナーがかっこよかったのよね。ちょっと田中真紀子さんに似てたけど・・・。
フィリップ・シーモア・ホフマンっていかにもゲイっぽいカンジやもんね。
『シロポチャ』系・・・っていうんですかね。



もう1本が
『キンキーブーツ』これまた!たまたま!ゲイが主役!
f0019553_19121137.jpgかなり『カポーティ』とはテイストの違う「ゲイ」ですが。こっちの方が断然オススメです。あ、もう上映は終わってるのでアシカラズ。『リトルダンサー』とか好きな人は好きかと。(違ったらゴメンよ)笑えるシーンもたくさんあるけど、ちょっと切ないシーンもあったりして、見終えた後には

「ゲイってつらいのよ・・・」

とか、すっかりゲイ寄りの気持ちになってたりしました。

そんなゲイ三昧だった10月。これに〆るふさわしい出来事が・・・。

昨日、心斎橋を歩いてたら・・・
[PR]

by peramax | 2006-10-31 19:36 | movie
2006年 08月 18日
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
f0019553_20554100.jpg
8歳の姪っこに誘われて、行ってきたヨ見てきたヨ。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

ヤツは、まだまだヒヨッこなので
吹き替え版!だけどね。

公開以前からちょっと見たいなぁーと思っていたコレ。

朝早くからの姪からのお誘い電話で
「今日、映画いかへん?」

「いーよー」

「何見るか分かってるやろ」

「『パ』がつくやつね」

「そう」

と5秒で話がついた気の合う8歳と36歳!!



ストーリーは完全にマンガの世界だけど
笑える場面も結構あっておもしろかった。

タコ船長が出るたびに

(蛸の刺身食べたいわー)

(たこ焼食べたいわー)

(たこメシ・・・)

ってもう、ドタマん中タコ踊り!!

にしても2時間半くらいあるので、オバは腰が痛かったー!(泣き)
[PR]

by peramax | 2006-08-18 21:03 | movie
2006年 07月 11日
やわらかい生活
f0019553_21142561.jpg


「やわらかい生活」見に行きました。
ポスターなんかに

「それとな~く幸せ」

とかあったから、Happyな映画かと思って見たら
「なんとなく不運。」ってカンジなんですけど。

テラシマシノブのこの手の役どころ、
    オトコ運なし 
      ↓
    スグ H
      ↓
    挙句の果てにさげまん

というキャラ、もう見飽きた!!
たしかに幸薄感漂うヒトなんだけど。なぜに?
嫌いじゃないけどねぇ。

妻ブッキー君が、かわいかったのが救いであった。ウム。


いっしょに見に行ったヒゲコさん
この日も天然ボケ全開で
映画館に入ってスグにカウンターのお姉さんに

「スイマセン、ワタシ今日うっかりかけるもの忘れたんですよぉ。
なにか借りれますか?」

と聞いてた。

・・・うっかり忘れた、は無くてもいいのでは?
1ボケーをあげます。


映画が終わって、その借りたブランケットを小さくたたんで
小脇に抱えたまま、出口をでていった。
あまりの外の暑さで、自分の小脇が異常に温いのに気づいた!

ダッシュでUターン!

返しにいった!

5ボケー追加。



映画とカンケー無い話になっちゃった。まいっか。

ヒゲコさんがおもしろすぎるもんで・・・。
[PR]

by peramax | 2006-07-11 21:54 | movie
2006年 06月 24日
ようやく『ダ・ヴィンチ コード』
f0019553_044390.jpg

やっと見ました!
そして、やっと読み終えました!

本の中では『ハリソンフォード似』なのね・・・ラングドン。
たしかにイメージは、ハリソン君のほうがトムハンクスより
イメージやなぁ・・・。でも年取りすぎ?
トムハンクス、でこ広くなって益々キューピーみたい。

映画も本も思ってたより、全然むずかしくなくて
キリスト教に関して神経質でないニホンジンとしては
単純に楽しめましたわん。

カナダ人のセンセイに『コレ、読んだ?』って、聞いたら
『6ページで読むのをやめた』らしい。
言葉がむずかしいよ!ってゆってたので
日本語訳は、相当噛み砕いてるのでしょう。
ワタシでも読みやすかったもん。(時間かかったけど)

でもこれってどこまで事実に基づいてる話なんかなぁ・・・?
キリストの末裔ってホントにいるの??ムムム。
[PR]

by peramax | 2006-06-24 01:10 | movie
2006年 05月 08日
ブロークン・フラワーズ
ここんとこ、ボンヤリ中年オヤジが板についてきたビル・マーレー。

この「ブロークン・フラワーズ」でも
いいカンジにダメダメ中年モテ男を演じておりました。
ワタシの好きな「ロスト・イン・トランスレーション」の
ダメ具合がダブるんですけど・・・。
ビル、この線で狙うのか?

あらすじとか、めんどくさいのでこの際ハショリます。(でた!雑把ブログ!)

感想ってか、洋画を見ると必ず、
「もしも日本人俳優にこの役をやらすなら・・・?」
っちゅう、

「もしもキャスティング」(←いわねーよ)が

ワタシのささやかな楽しみ。(ちっせぃ!)

ビル・マーレー  = 松尾スズキ
シャロンストーン = 浅野温子 (浅野ゆう子でも可)
不動産屋の夫婦 = 船越栄一郎夫婦 (火サス?)
ジェシカラング  = 片平なぎさ (ますます火サス!!)
最後のヒステリックな女= 大竹しのぶ・・・?うーん。

さて、隣の仲良しさんは・・・誰にしようかなぁ・・・。


            ↓このひと!
f0019553_0284043.jpg


   ・・・・阿部サダヲ!?どう?
   
[PR]

by peramax | 2006-05-08 00:36 | movie